研 究

外部資金

科研費


  • 1  基盤研究(C)2019年度~2021年度
      自由発話プロソディの音声解析による自閉スペクトラム症児の質的言語能力評価ツール開発
      研究代表者・442万円
  • 2  基盤研究(C)2019年度~2022年度
      模倣時の脳活動と眼球運動の同時計測による自閉スペクトラム症児の評価・介入法の開発
      研究分担者
  • 3  基盤研究(B)2017年度~2020年度
      構音障がい者の複数モダリティを用いたコミュニケーション支援技術の研究
      研究分担者
  • 4  基盤研究(C)2016年度~2018年度
      音声合成技術を用いた無意味発声による自閉スペクトラム症児の診断ツールの開発
      研究代表者・481万円
  • 5  基盤研究(C)2016年度~2019年度
      楽観主義が符号化処理に与える影響―虚偽記憶と自己選択効果による検討
      研究分担者
  • 6  基盤研究(C)2014年度~2016年度
      タブレットPCを用いた自閉症スペクトラム児への言語・協調運動促進プログラムの開発
      研究分担者
  • 7  若手研究(B)2013年度~2015年度
      プロソディの音声解析による自閉症スペクトラム障害児の就学前診断ツールの開発と検証
      研究代表者・416万円
  • 8  基盤研究(C)2013年度~2016年度
      脳性麻痺障がい者の意図認識によるユニバーサルコミュニケーション支援機器の開発
      研究分担者
  • 9  若手研究(B)2009年度~2011年度
      プロソディの音声解析を活用した基本的言語形成期における自閉症超早期診断ツール開発
      研究代表者・442万円

 

その他

  • 1  宮崎大学学部戦略重点経費 2016年度
      発達検査を用いた個別の指導計画の作成及び教育実践の効果
      研究代表者
  • 2  みやざき地域志向教育研究経費 2015年度
      食と健康の問題を取り上げた発達支援教室の実施による教員養成システムの開発
      研究代表者
  • 3  宮崎大学基礎(共通)教育科目重点配分経費 2015年度
      ディベートを通じたコミュニケーション能力の育成
      研究代表者
  • 4  文部科学省発達障害理解推進拠点事業 2015年度
      発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援・教職員の専門性向上事業
      研究協力者
  • 5  厚生労働科学研究費補助金・子ども家庭総合研究事業 2008年度~2009年度
      新生児聴覚スクリーニングに関する研究
      (全体研究:タンデムマス等の新技術を導入した新しい新生児マススクリーニング体制の確立に関する研究)
      研究協力者

論文

国際誌

  • 1  2017年10月
      Detecting Abnormal Word Utterances in Children With Autism Spectrum Disorders:
      Machine-Learning-Based Voice Analysis Versus Speech Therapists
      Y. Nakai, T. Takiguchi, G. Matsui, N. Yamaoka & S. Takada
      Perceptual and Motor Skills, 124(5), 961-973

国内誌

1  2017年11月
  微細運動と言語能力の発達からみた模倣動作「バイバイ」
  松井学洋・中井靖・高田哲
  小児保健研究、76(6)、601-607